あなたの家を校正する赤ちゃん:それは必要ですか?

あなたの家を校正する赤ちゃん:それは必要ですか?

あなたの家を赤ちゃんが校正する:それは必要ですか?

生後6か月の幼児が隅々まで探検したい場合、家庭の事故は避けられません。したがって、新生児が来る前に、今すぐ計画を開始することをお勧めします。赤ちゃんが家を保護する際に考慮すべき点は次のとおりです。

窒息の危険性

赤ちゃんの口は、赤ちゃんが触れたものすべてを口に入れる発達段階です。それは彼らの成長と学習に役立つ通常の出来事ですが、小さな物体があなたの家の周りに横たわっているとき、窒息の危険をもたらす可能性があります。これを防ぐために、取り外し可能な家具の部品やブドウ、ナッツ、種子などの食品など、飲み込むのに十分小さいすべてのアイテムをお子様の手の届かないところに置いてください。

ネジやその他のハードウェアのように外れる可能性のある部品がないか、睡眠環境もチェックする必要があります。柔らかい寝具、バンパーパッド、毛布は窒息の原因となる可能性があるため、今はスキップしてください。ベッドをむき出しにして、枕やぬいぐるみがないようにするのが最善です。 

有毒物質有毒物質

子供の入院の最も一般的な原因の1つは、の偶発的な摂取です。これは、食器棚と食器棚を整理することで防ぐことができます。特に他の雑用に夢中になっている場合は、こぼれたままにならないように、常にすぐに片付けてください。 

転倒の可能性

階段やバルコニーなど、家のどの部分が転倒のリスクをもたらす可能性があるかを調べます。これを解決する1つの方法は、幼児が部屋から出ないように、階段の端やドアにいくつかのベビーゲートを取り付けることです。これらは、特に赤ちゃんを探すのが疲れる可能性があるため、多くの作業と心配を節約することができます。 

事故を避けるもう一つの方法はあなたの家の清潔さを維持することです。掃除を忘れた滑りやすい床を踏んだり、ケーブルがつまずいたりするのを防ぐことができます。

炎と水

子供が家の中で最も危険な場所の1つは台所です。彼らがいつオーブンに手を入れたり、ストーブの沸騰したやかんに手を伸ばしたりするのか、あなたは決して知りません。これが起こらないようにするために、あなたはあなたの子供の手の届くところにあるオーブンのドアまたは他のキャビネットに置くための安全ロックを探すことができます。鍋や皿のように倒れる可能性のあるものが、キッチンカウンターの最も遠い隅にあることを常に確認してください。 

これらとは別に、シャワー、浴槽、プールなどの水がある場所も検討してください。子供があなたの視界から外れてこれらに足を踏み入れるのは簡単で、バスルームの床やさらに悪いことに、溺死する可能性のある旅行に身を任せます。 

 

竹本小児科:子供を安全に保つ子供に安全

竹本小児科:子供を安全に保つ子供に安全

竹本小児科:お子さんの安全を守る

親として、お子さんに最高のものを求めています。彼らに彼らの基本的なニーズ、彼らの幸福、そして教育を提供することに加えて、彼らに安全である方法を教えることも重要です。ほとんどの親は、子供を怖がらせることを恐れているため、子供との安全に関する話し合いから逸脱しますが、子供に敏感な話題について話し、子供を怖がらせないようにする方法があります。子供が自分で決定を下すのに十分な年齢になったらすぐに子供に教えるべきいくつかのことを見てください: 

 

  1. 見知らぬ人の危険
    -親が子供に教える一番の教訓は、どんな状況でも見知らぬ人に話したりフォローしたりしてはいけないということです。これは覚えておくべき非常に重要な教訓です。なぜなら、今日の子供の捕食者は、幼い子供たちに彼らを信頼させるために、手の込んだ物語や餌を考え出すからです。彼らが忘れないように、このレッスンを何度も何度も強化してください。

  2. 具体的かつ誠実であること
    -これらのレッスンについて子供に知らせているのは良いことですが、子供に期待されることは、子供が質問をして好奇心をそそるということです。不必要な言葉で彼らを怖がらせないでください、しかしまた彼らのために嘘をついたり砂糖を塗ったりすることを避けてください。これはあなたとあなたの子供との間の信頼感を育み、彼らはあなたのリマインダーに従うようにもっと動機づけられます。

  3. ロールプレイ
    -お子さんの理解を深めるために、ロールプレイングエクササイズを行って、望ましくない不快な状況で何をする必要があるかを子供に知らせることができます。彼らは、彼らが彼らを知っているかどうかに関係なく、彼らが人々によってどのように扱われたいかについて決定を下す方法を学ぶ必要があります。これらのロールプレイ演習は、子供が覚えておく必要があることを子供に教えるのにより効果的である可能性があります。

  4. 彼らを自分の体の「上司」にする
    -子供に教えるもう1つの重要なことは、「いいえ」と言って見知らぬ人から離れることはまったく問題ないことを子供に知らせることです。彼らは自分の体、彼らがしたいこと、したくないことを管轄しなければなりません。医師を訪問するとき、あなたはまたために、、あなたの子供に物事を説明するために医師に尋ねることができます foの、R彼らは自分の体のより精通しているために。自立とプライバシーの重要性を子供に教えることは、子供が成長するまで一緒に行う重要な教訓です。

  5. 安全についてもっと頻繁に
    話し合う-子供とこれらの重要な話し合いをすることは、一度だけ行うことではありません。これらの話し合いは、レッスンやリマインダーを頭に刻み込み、より正確に覚えてもらうために必要です。友人、親戚、見知らぬ人との間に望ましくない状況が発生したときはいつでも、これらの重要な教訓について彼らに思い出させることができます。 

 

竹本小児科について竹本小児科

は、日本の栄町にあるクリニックで、幼児の健康とウェルネスを専門としています。当クリニックでは、年1回および半年ごとの検診、歯科検診、成長・発達検査のサービスや相談を行っています。 

詳細および予約については、当社のWebサイトからメッセージを送信できます https://www.takemoto-ped.com/contact-us/。直接お電話いただくこともできます。 

 

竹本小児科:健康食品は、あなたの子供養うために

竹本小児科:健康食品は、あなたの子供養うために

竹本小児科:子供を養うための健康食品

子供は病気に関して最も脆弱です。彼らの体はまだ発達しています。 あなたの子供に栄養価の高い食事を与えることによって、あなたは彼らが健康な成長と発達に必要なすべての必須栄養素とビタミンを確実に摂取することを保証しています。また、あらゆる種類の病気に対する免疫システムを強化します。 

健康的な食事は、子供の身体的発達だけでなく、精神的健康にとっても重要です。あなたの子供が今日食べるものは何でも、青年期から成人期を通して彼らの幸福に大きな影響を与えるでしょう。さらに、若くして始めることは、彼らが成人期に持ち込む健康的な食習慣を発達させるのを助けるでしょう。そのため、バランスの取れた健康的な食事を提供する必要があります。 

子供のための健康食品とは何ですか?

子供のためのバランスの取れた食事は、大人にとって健康的な食事とそれほど変わりません。しかし、うまく発達するためにもっと必要な食品がいくつかあります。 Takemoto Pediatricsの専門家によると、子供が必要とする重要な栄養素のいくつかを次に示します。 

  • 鉄分が豊富な食品 -鉄分は健康な血液サイクルにとって重要です。それは、認知発達の重要な要素である血流中の酸素の輸送をサポートします。これがあなたがあなたの子供に与えることができる鉄分が豊富な食品のいくつかです:
  • 強化シリアル
  • 豆とレンズ豆
  • 赤身の肉
  • ほうれん草の
  •  カルシウムとビタミンD- 小児期は、骨が柔らかく、まだ発達している時期です。あなたの子供が強い骨を発達させるのを助けるために、彼らにカルシウムが豊富な食物を与えてください。ビタミンDはカルシウムの吸収を助けるためにも重要です。ビタミンDとカルシウムのレベルが高い食品については、次のことを試すことをお勧めします。
  • 牛乳
  • ヨーグルト
  • 卵黄
  • オレンジジュース
  • オメガ3 DHA- 特に正常な脳機能において、子供の成長と発達に重要な役割を果たします。また、ADHDの可能性を減らします。オメガ3は、お子様の体がそれ自体で生成できないため、必須脂肪酸と見なされています。 

お子さんがオメガ3DHAを健康的に摂取できるように、竹本小児科医は次の食品をお勧めします。

  • サバ
  • イワシ
  • クルミ
  • 大豆
  • エビ
  • タンパク質 -タンパク質は、子供の成長の構成要素として特徴付けられます。身体機能をスムーズに保つのに役立ちます。また、体が細胞を構築し、酸素のために食物を分解するのを助けます。高レベルのタンパク質を含む食品のこのリストをチェックしてください:
  • チーズ 
  • ナッツ

子供のための健康的なスナックのアイデア

あなたの子供に健康的な食品を与えるのは難しい場合があります。だから竹本小児科はお子さんが楽しめる簡単なおやつアイデアを用意しました!

ヨーグルトとミックスフルーツ

ヨーグルトは、たんぱく質とカルシウムが豊富な、優れたおいしいスナックです。お子様のお気に入りのフルーツと混ぜて、健康的なおやつにしましょう。

フルーツスムージースムージー

誰もがが大好きです。作るのは簡単で、ビタミンやミネラルも豊富です。牛乳を混ぜた甘くて風味豊かな飲み物は、きっとあなたの子供にとって楽しいおやつになるでしょう。

竹本小児科:お子さんの免疫システムを強化する方法を強化します

竹本小児科:お子さんの免疫システムを強化する方法を強化します

竹本小児科:子供の免疫システムを強化する方法子供

時代は人間の生活の中で最も脆弱な段階です。子供たちは病気にかかりやすくなります。免疫システムはあなたの子供の体を彼らの周りの病気から保護する責任があります。それがあなたの子供が強い免疫システムを発達させなければならない理由です。 

免疫システムを強化するには、子供に健康的な食事とアクティブなライフスタイルを与える必要があります。私たちはあなたがあなたの子供のために最善を望んでいることを理解しています、それが私たちが子供のヘルスケアの専門家に免疫システムを強化するための最良の方法を尋ねた理由です。竹本小児科は、お子さんに健康的な生活を送ることを目的としたクリニックとして、以下のヒントを読んで実践することをお勧めします。

子供の免疫システムを高めるためのヒント 

  • 十分な睡眠をとる

十分な睡眠をとることは、子供の成長に役立つだけでなく、タンパク質の生産にも役立ちます。あなたの子供が眠っている間、彼または彼女の体は感染症と炎症を標的とするサイトカインタンパク質を生成します。 

睡眠不足はサイトカイン産生の低下を引き起こし、子供の健康を危険にさらします。また、薬やワクチンに反応する体の能力にも影響を与えます。

  • 果物や野菜をたっぷり使って栄養価の高い食事をとる

ビタミンやミネラルの中には、私たちの体から自然に出てこないものもあります。このため、お子さんに必要な栄養を与えるための補助食品が必要です。 

果物や野菜には、亜鉛、ベータカロチン、ビタミンCやEなどの栄養素が豊富に含まれています。これらの健康食品を食べると、病気と戦うための体力とエネルギーが得られます。また、細胞の修復にも役立ちます。 

  • 太陽の下で十分な時間を子供に与える

十分な日光への露出を得ることが、子供の健康と免疫力を改善する上で重要な役割を果たします。それとは別に、それはまた彼らの気分を高めます。太陽は人々の気分を良くし、活力を与え、若返らせることが証明されています。脳内のセロトニンのレベルを上げるのに役立ちます。 

  • テクノロジーへの露出を減らす

現代はそれに伴ってさまざまなガジェットをもたらしました。 これらは脅威にはなりませんが、それでも子供の健康に影響を与えます。専門家は、テクノロジーがこれらのガジェットの画面から来る光で私たちの露出を人為的に変えたと指摘しています。

光は睡眠に悪影響を及ぼします。光にさらされるほど、脳に睡眠を促すメラトニンの生成が遅くなります。人工光にさらされると、不眠症の可能性が高くなります。

  • 毎日運動

する子供にアクティブなライフスタイルを送るように勧めます。公園の周りを散歩に連れて行ってください。外の光と新鮮な空気への露出も彼らにとって有益です。 

定期的に運動することで、筋肉を強化し、過度の体重増加を防ぐことができます。それとは別に、運動はまた、疲労と戦うために彼らの体を訓練しながら、あなたの子供の脳機能にも利益をもたらします。

院長の独り言

院長の独り言

院長の独り言

一歳までのインフルエンザワクチンは積極的にしなくて良いのじゃないでしょか
いろんなワクチンがスケジュール的に厳しい事も有りますし、卵アレルギーも考慮しなければなりませんし
・・むしろ両親兄弟へのワクチン接種を積極的にすべきかと思います、ただし保育所通所児はやはりせざるを
得ないです

竹本小児科。院長の独り言

今の時代、私たちは疫病の発生を恐れずに生活することができるようになりました。医療技術の進歩により、かつては私たちにとって致命的であった病気は、今では予防することができます。何千人から何百万人もの命が救われ、いくつかの命を脅かす病気がやっと治ったのです。これらはすべて、ワクチンの出現によって可能になったのです。

ワクチンの発見は、私たちの生活の質の向上につながっています。私たちは致死的な病気に悩まされることを避けることができるのです。医学の進歩により、人類は自然に勝利したと言えるかもしれません。しかし、私たちのすべてがワクチンに賛成しているわけではありません。

近年、子どもの予防接種を拒否する親が増えているのが気になるところです。彼らの懸念とは?ワクチンの副作用です。ワクチンが子供に与える副作用を心配する親は少なくありません。これらには、発熱、痛み、添加物、自閉症へのリンクの可能性が含まれています。それは確かに懸念されていますが、これらの主張は証明されていません。しかし、彼らが気づかないのは、ワクチンが予防する病気のリスクがさらに高いということである。

麻疹、ポリオ、百日咳、ジフテリア、その他数え切れないほどの病気が、ワクチンの成功のおかげで絶滅してしまったことを忘れてしまっているのだ。これらの病気が不足しているために、子供にワクチンを接種しないという決定に納得する親もいます。結局のところ、これらの病気にかかる可能性が低いのであれば、なぜワクチンの副作用でリスクを冒すのでしょうか?

ワクチンを拒否するときに人々が気づかないのは、この紛れもない真実です。最近の研究によると、麻疹や百日咳などの病気にかかった人の大部分は、ワクチンを接種していない人が占めています。子供の予防接種を拒否すると、子供が危険にさらされるだけでなく、周りの人の健康も危険にさらされる可能性があります。

ワクチンが専門家によって開発されているのには理由があり、それは人々が致命的な病気にかかるのを防ぐためです。一部の人々が主張するように、医師や科学者による金儲けではありません。命を守り、救うためのものなのです。

この問題について、竹本小児科の竹本博之院長の独り言を見てみましょう。ワクチン接種をしない親御さんについての院長の独り言をご覧ください。

院長の独り言

“1歳児のインフルエンザワクチンは積極的に接種する必要はなく、スケジュール的に厳しいものもいろいろあります。卵アレルギーも考慮しなければなりません。親兄弟には積極的にワクチンを接種する必要があると思いますが、保育園児にはやはり強制的に接種させられています。”

ここ竹本小児科では、お子様の安全を第一に考えています。お子さんの健康で良い生活を送るために、最善の選択肢を提供できるように心がけています。ワクチンの効果や後遺症については、親御さんとして様々な不安があることと思いますが、竹本小児科では、お子さんの安全を第一に考えています。竹本小児科では、皆様のご相談に喜んでお応えし、できる限りのことをさせていただきます。