院長の独り言

一歳までのインフルエンザワクチンは積極的にしなくて良いのじゃないでしょか
いろんなワクチンがスケジュール的に厳しい事も有りますし、卵アレルギーも考慮しなければなりませんし
・・むしろ両親兄弟へのワクチン接種を積極的にすべきかと思います、ただし保育所通所児はやはりせざるを
得ないです

竹本小児科。院長の独り言

今の時代、私たちは疫病の発生を恐れずに生活することができるようになりました。医療技術の進歩により、かつては私たちにとって致命的であった病気は、今では予防することができます。何千人から何百万人もの命が救われ、いくつかの命を脅かす病気がやっと治ったのです。これらはすべて、ワクチンの出現によって可能になったのです。

ワクチンの発見は、私たちの生活の質の向上につながっています。私たちは致死的な病気に悩まされることを避けることができるのです。医学の進歩により、人類は自然に勝利したと言えるかもしれません。しかし、私たちのすべてがワクチンに賛成しているわけではありません。

近年、子どもの予防接種を拒否する親が増えているのが気になるところです。彼らの懸念とは?ワクチンの副作用です。ワクチンが子供に与える副作用を心配する親は少なくありません。これらには、発熱、痛み、添加物、自閉症へのリンクの可能性が含まれています。それは確かに懸念されていますが、これらの主張は証明されていません。しかし、彼らが気づかないのは、ワクチンが予防する病気のリスクがさらに高いということである。

麻疹、ポリオ、百日咳、ジフテリア、その他数え切れないほどの病気が、ワクチンの成功のおかげで絶滅してしまったことを忘れてしまっているのだ。これらの病気が不足しているために、子供にワクチンを接種しないという決定に納得する親もいます。結局のところ、これらの病気にかかる可能性が低いのであれば、なぜワクチンの副作用でリスクを冒すのでしょうか?

ワクチンを拒否するときに人々が気づかないのは、この紛れもない真実です。最近の研究によると、麻疹や百日咳などの病気にかかった人の大部分は、ワクチンを接種していない人が占めています。子供の予防接種を拒否すると、子供が危険にさらされるだけでなく、周りの人の健康も危険にさらされる可能性があります。

ワクチンが専門家によって開発されているのには理由があり、それは人々が致命的な病気にかかるのを防ぐためです。一部の人々が主張するように、医師や科学者による金儲けではありません。命を守り、救うためのものなのです。

この問題について、竹本小児科の竹本博之院長の独り言を見てみましょう。ワクチン接種をしない親御さんについての院長の独り言をご覧ください。

院長の独り言

“1歳児のインフルエンザワクチンは積極的に接種する必要はなく、スケジュール的に厳しいものもいろいろあります。卵アレルギーも考慮しなければなりません。親兄弟には積極的にワクチンを接種する必要があると思いますが、保育園児にはやはり強制的に接種させられています。”

ここ竹本小児科では、お子様の安全を第一に考えています。お子さんの健康で良い生活を送るために、最善の選択肢を提供できるように心がけています。ワクチンの効果や後遺症については、親御さんとして様々な不安があることと思いますが、竹本小児科では、お子さんの安全を第一に考えています。竹本小児科では、皆様のご相談に喜んでお応えし、できる限りのことをさせていただきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *